ひと志 こけ志 ノープロブレム 〜 斎藤斉 工人作より〜


2016年の夏に花巻を訪れた際、偶然見つけたこけし工房跡をきっかけにして南部系の周辺に興味を持つようになりました。
(関連→「花巻温泉にこけし工房跡を見る〜佐藤長雄工人作より〜」)

中でも関連記事内で少しだけ触れた、佐藤長雄工人のお弟子さんである 斎藤斉 工人(署名は「花巻 ひと志」)の作品が気になり、機会を見つけて集めてみることにしました。

斉工人の作品はいわゆる伝統こけしとして紹介されるケースがほとんどなく、観光地のお土産屋さんに並ぶいわゆる「新型こけし」(おみやげこけし、観光こけし、商業こけしなどの呼び方あり)、あるいは「創作こけし」と同類項でまとめられています。

しかし、ルーツをたどればいわゆる伝統こけしとの接点を持ち、木地挽きとともに描かれる顔面には「同類項」と異なる表情があり「伝統性はない」のひと言で一蹴してしまうには忍びなく思ったのです。


「東北のこけし(高井, 2008, p138)」で紹介されている作品と同型品で製作年代不明。
木地、描彩ともに斉工人の単独製作と思われます。
木地はアオハダで首が回るはめ込み式です。面描も胴の描彩も師匠の型を受け継いだものではなく、それゆえ「独立系」というジャンルに含まれます。


「まぁ、細かいことは気にすんな」
と言っていそうな表情をしています。
些細なことが気になってしかたがないとき、このノープロブレムな微笑を眺めていると少しばかり気が晴れてきます。


創作こけしではこの顔が基本型になります。
頭部の木地と面描、および胴体の木地を手がけていると思われます。

土産物店などで販売された「花巻 ひと志」の署名入りこけしには胴体に鹿踊りのイラストや宮沢賢治の詩歌が描かれるなどのバリエーションがありますが、これらの描彩は他の職人によるものです。


この作品は、かつて盛岡市三本柳の盛岡日赤病院に併設されていた「盛岡赤十字看護専門学校」が2004年3月に閉校した際に製作された記念品。胴体に描かれるのは赤十字救護員制服です。


この顔と赤十字の制服が意外とマッチしています。
つらいことがたくさんあるけれども淡々と仕事をこなす姿が感じ取れます。


創作型もノープロブレムな表情。

ギャラリー

関連記事

Email this to someoneShare on Google+0Share on Facebook1Tweet about this on Twitter