盛岡駅前で生まれたクレオパトラ 〜 北本武型 三者三様 〜

松鶴_北本武型この 北本武型 と言われる作品。

タイトルには書いたものの、強いていえば「クレオパトラとツタンカーメンと楠田枝里子を足して3で割った」ような面持ちというのが個人的感想です。白くきめ細かいアオハダの木地、首がクラクラと動く工法は南部系こけしのスタイル。

作品の製作者、松本鶴治工人はいわゆる「カメイ工人録」や「こけし系図」、「東北のこけし」にその名前や作品が掲載されているものの、1922年3月11日生まれで花巻に在住していたこと程度の情報しかありません。しかも作品底面の署名は本名ではなく「松鶴 作」と記載されています。

いわゆる伝統こけしの範疇に入れるかそうでないかの判断が人によって分かれるところです。
盛岡・花巻周辺のこけしは系統系列主義で捉えると伝統こけしの 「枠スレスレ」か「枠外」に分けられてしまうものもありますが、個人的にはこの「枠スレスレ」な作品が気になってしまうのです。伝統性とは何かを考えるとき、何をもって線引きをしているのか、その外周や辺縁を見ることも必要なプロセスではないかと感じます。

「辞典」によると、この模様を考案した北本武氏(1913-1984)は福島の二本松生まれ。
盛岡駅前通(当時は平戸という地名だった)でお菓子屋さん「玉屋」を営んでいましたが、こけしに興味を持ち店内で売り始めたところ民芸品の販売を本業にしてしまったという方です。

ついには自分が考案した模様を安保一郎工人や松田精一工人の挽いた木地に描くようになってできた作品がこの「北本武型」で、店舗に隣接してこけし製造工場まで作ったとのこと。

木地製作で南部系工人に接点を持っていることからいわゆる伝統こけしの文献で紹介されるようになりましたが、作品についてはもはや郷土人形の範疇であると一刀両断しています。

ただ、キナキナの製法が確立されていた地域に、他地域のこけし製法が加わり、さらに官民による観光土産の商品企画が加わり…という岩手県央部における木地・民芸産業の歴史的な流れが一本の作品から垣間見える点でとても興味を惹く作品と言えます。

 

3人の描彩者とその作品

北本武型_武_俊春_松鶴_1

初期の作は北本武本人の描彩であったが、のちに大沼俊春が自挽描彩をするようになり、現在では花巻の松本鶴治が製作している(松鶴型)。したがって北本武型には三人の描彩者がいることになる。(「辞典」,p163)

ということで集合してもらいました。
左から北本武氏による面描作(1)、大沼俊春工人作(2)、松本鶴治工人作(3)。
(1)は考案者本人が描いたものでこれがオリジナル北本武型となります。首がクラクラと動く南部仕様で、頭を持ち上げると1ミリほど接合部分が見えます。こちらは胴模様のないタイプで鬢飾りの本数は8本。

(2)を製作した俊春工人(1929-2007)は鳴子の大沼甚四郎工人(1882-1944)の養子で、戦後は鳴子から花巻〜二枚橋〜盛岡の間を転居し晩年は平泉に居住していました。盛岡時代は北本氏の工場にいたことがあり、ここで北本武型を修得したと考えられます。
写真の作品の底面を見ると、前所有者のものと思われる「4.8」という数字が鉛筆で記入されています。これが製作年代だと仮定すると平成4年(1992)8月で、近年も北本武型を製作していたことになります。こちらも南部仕様のはめ込み式で鬢飾りは6本。

そして記事冒頭写真で掲載した(3)の松鶴作。目鼻立ちをよりはっきり描いているのが特徴です。鬢飾りは5本ですが、6寸で製作された作品には4本の飾り線が引いてあります。

 

「玉屋」その後

th_IMG_5431かつて民芸品店「玉屋」があった場所。

こちらの開運橋通店舗のほか、駅前サンビル1階にも店舗を持っていましたが閉店。その後建てられた建物には「玉屋ビル」とかつての屋号が残っています。大きいマキネッタのオブジェが目印の喫茶店「カプチーノ 詩季」と居酒屋「じょ居」が現在営業しております。

ギャラリー

関連記事

  • 15.06.22 盛岡・ 五葉社 訪問15.06.22 盛岡・ 五葉社 訪問 近頃は休養と気分転換を目的に旅に出ることが多かったのですが、今回は伝統こけしをテーマにして旅に出てみることにしました。 この記事では盛岡市内で南部系こけしを製作している田山和文 […]
  • 16.6.21 花巻温泉にこけし工房跡を見る 〜 佐藤長雄 工人作より〜16.6.21 花巻温泉にこけし工房跡を見る 〜 佐藤長雄 工人作より〜 花巻は古くからの湯治場として知られるとともに、こけしの主要産地としてもその名を馳せていました。南部系こけしを「花巻系」と呼んでいた時期もありました。初夏の台温泉にて。 […]
  • My Favorite KAMENOSHIN 〜 大葉亀之進 工人作より〜My Favorite KAMENOSHIN 〜 大葉亀之進 工人作より〜 戦国時代は国境警備の要衝だった七ヶ宿町稲子。 現在、集落の人口は3世帯4人、冬期は道路の除雪が行なわれず町場に移住、地デジ化以降は宮城のテレビ放送が視聴できず福島の放送 […]
  • 湯田およね三姉妹湯田およね三姉妹 オセンの特売品に狙いをつける、およねこけし三姉妹。左より「およねこけし」の元祖・小林善作工人の1966年作、佐藤佑介工人の1986年作、小林定雄工人の2015年作。 […]
Email this to someoneShare on Google+0Share on Facebook1Tweet about this on Twitter