成分無調整 湯田こけし

一度見たら忘れられない強烈な表情とフォルムで熱烈なファンも多い湯田こけしたちに集まってもらいました。

湯田こけし 左手前から佐藤佑介(佑一)、小林順子、佐藤佑介の各工人作。
左奥から小林定雄(2本・2015年)、小林善作(3本・1966年頃)の各工人作。

湯田_善作_1966頃 小林善作工人の晩期作品。「エヘッ」と言っていそうな微笑は善作工人独特の面描です。

湯田_佑介_善作_定雄沢内地域に伝わる昔話「およね伝説」をモチーフに作られたという髷こけし、「およねこけし」の三者三様。前出の2作と定雄工人の作品。

湯田_善作_1966頃 湯田_善作_順子_佑一_85-86右の佐藤佑介工人(1986年作)は小林定雄工人から木地を教わり、北海道江別で製作していましたが現在は休業。中央の小林順子工人(1989年作)は定雄工人の息子さんの奥方で、仕事や家事の傍らで製作をしております。この表情、個人的にはとても気に入っております。

工人のご親族が仕事や家事の傍らで製作に携わったケースが湯田こけし界隈には多く見られ、中にはご近所の方によって作られた作品(藤戸一栄氏)も僅少ながら存在します。

こちらが藤戸一栄氏(1957- )の作品。
ありふれたことばで言えば、こけしの持つ素朴な美を見事に表しています。
この安定感のある作品を生んだのが当時14歳の、こけし作りを教わって間もない中学生だったという事実に驚愕されます。木地挽きや描彩も一人でこなしたというのだからさらに驚きです。


一栄氏は湯田湯本の生まれ。1971年頃から小林定雄工人に木地挽と描彩を教わりこけしを作りました。作品は東京都内の店舗に置かれ収集界では「期待の新人」と話題になったそうです。
定雄工人のこけし作りを見て興味を覚えた近所の中学生が、好奇心と努力と持ち前のセンスをもって作ったこけしは平地人(都市生活者)を驚愕せしめたわけです。

この作品を見ていると、自分自身が14歳のときにどんなことに興味を持ち、そして行動していたのかをふと思い返します。周囲からいろいろなことを教わりながらも「もう子供じゃないんだ」と突っ張ってみることで自らの可能性を知っていく年頃…ときに大人顔負けの力が出たりするものです。


底面にはしっかり「十四才」と書かれています。
ある文献には「1年で転業」とありますが、進学等で忙しくなり作る時間がなくなったのだろうなと思われます。

ちなみに一栄氏は現在も湯田湯本にお住まいです。地元ではマラソンランナーとして知られ、東北各地のマラソン大会に参加したり、地元の駅伝チームの監督を務めるなどご活躍を続けています(→西和賀町「広報にしわが」2011年11月号, p11(PDF))。

湯田_輝子
2015年の産地訪問の際にお話を聞かせていただいた小林輝子夫人の作品。

湯田_輝子輝子夫人は描彩のほかにも、自ら木地挽きも行なっていた時期があります。

ギャラリー

関連記事

  • 湯田およね三姉妹湯田およね三姉妹 オセンの特売品に狙いをつける、およねこけし三姉妹。左より「およねこけし」の元祖・小林善作工人の1966年作、佐藤佑介工人の1986年作、小林定雄工人の2015年作。 […]
  • 似たもの親子的並び 〜 小林善作 工人作品より〜似たもの親子的並び 〜 小林善作 工人作品より〜 「帰りにオセン寄っていこうね」先日、近所の小学校の前を通りかかったら、似たもの親子が楽しそうに下校していくのを見かけました。 小林善作 […]
  • 15.06.23 岩手湯田・小林定雄工人訪問15.06.23 岩手湯田・小林定雄工人訪問 盛岡を昼過ぎの東北本線で発ち、横揺れの激しい電車で向かうは北上へ。 北上からは北上線に乗り換える。一日に6本近くと列車の本数が非常に少ないので、よく時間を調べてから出かける必要 […]
  • 浸る唇 〜佐藤昭一工人の周助型〜浸る唇 〜佐藤昭一工人の周助型〜 仙台在住の現代美術家・青野文昭氏が自身のWebサイトで1970年代におけるアイドル歌手評論を展開していた際、デビュー当初の山口百恵について アイドルの系譜から言えば、強烈だが異 […]
Email this to someoneShare on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter